首のお肌の老化の原因と解消法

顔の美容も大事ですが、それと同じくらい気にしたいのが首部分のお肌です。
首のお肌は老化が表れやすくなっているので、普段からケアに力を入れておきましょう。

◆紫外線に当たらないように気を付ける
顔や腕など、太陽に当たりやすい部分には日焼け止めを塗ります。ただ、人によってはそれで満足してしまい首部分に塗ることを忘れてしまうこともありますね。
首に日焼け止めを塗らないと、紫外線が当たり日焼けや炎症の原因になってしまいます。また、そのまま放置しておけば、メラニンの生成が活発になりシミを引き起こすことになるでしょう。
出かける時には、顔だけではなく首部分のお肌にも日焼け止めを塗るようにしてください。
また、汗をかいてしまった時には、その都度日焼け止めを塗るとお肌のトラブルを防止することができます。

◆洗い方に気を付けてみる
お風呂に入ったときの洗い方によって、首部分の肌に刺激を与えることになります。
首の皮膚は、思っている以上に薄くなっているため、強くこすってしまうと刺激が強すぎてしまいます。お風呂に入ったときに、スポンジやタオルできつくこすっている方は、それだけで老化の原因になってしまうのです。
首部分の汚れを取り除く時には、石鹸やボディソープを十分に泡立てて、手で直接洗うようにしましょう。
手であれば、刺激も弱く首の皮膚を傷つける心配がありません。

◆洗った後には必ず保湿を行う
お風呂に入って汚れを取り除いたら、必ず保湿を行うようにしましょう。
お肌を洗ったままの状態にしておくと、水分が失われてしまい乾燥状態が酷くなってしまいます。顔のケアを行うのと同時に、首部分のお肌にも化粧水やクリームを塗って潤いを与えるのがとても大事です。
また、市販されている化粧品の中には、首専用のパックもあるので乾燥がとくに酷いときには使用してみましょう。パックには、いろいろな美容成分が含まれているので、乾燥や美白効果を得ることができます。

関連記事